2016
02.23

【マイ・ストーリー】〜参入経緯(キックオフ)

マイストーリー, 奇跡的製品群, 我がチーム

【マイ・ストーリー】〜参入経緯(キックオフ)
【心に響く成功語録】

doTERRAにおける、
紹介者Miyoさん(OG-Miyoさん)との出会いについて、まとめておきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前提として、
ドテラ(doTERRA)社は、アロマオイルのレベルを遥かに超えた「エッセンシャルオイル(一部食品や化粧品としても認可されてる希少なレベル)」分野の中でも、超一級のセラピー等級のオイルであり、さらに、厳しいとされる国際基準のチェックレベルを遥かに超えた独自の「CPTG認定」のオイルを提供している唯一の会社です。
要は、完ぺきな100%のオイルの純度を保証しているだけでなく、中に含まれる「適切な有効成分の存在や量」も保証している
です。

僕が第一印象で「明らかな違い」を感じてしまったのも納得なほどこだわって作られている、オイルです。
※多分オイルの使用歴のベテランさんほど感じるんだと思います。

真似して数年で追いつけるレベルでは全く無い絶対的差があるレベルにあるといえます。

かつて、エッセンシャルオイルのスタンダードは同じくユタ州の「ヤングリビング(YL)社」だと言われてました。

オイルは確かに長らく超高品質だったのでしょうが、個人的な見解としては、ビジネス展開が上手く行ってない会社だという印象でした。

そういう意味では経営資源もいつまでも安泰ではなかったでしょう。

また、これは元YL社会員さんの見解なのですが、いつの頃からか?オイルのグレードダウンが感じられるようになっていたそうです。

僕に本当の真偽は読めませんが、経営資源が実際に減少していた可能性は大です。

そんな中、超高品質のオイル開発のキーパーソン(ヒル博士)と、経営的手腕と大きな野心を抱えていた、現ドテラCEOのデイビッド・スターリング他4名が、方針に疑問を感じていて、2007年に袂を分かち、YL社を超えるオイル(CPTGセラピー等級オイル確立)とビジネスを構築することを目指して設立され、今ビジネスが想像以上に大ブレイク、大成功しているのがdoTERRA(ドテラ)社だってことです。

※よって、一部ですが、この辺の経緯が一部ネット上に不正確な形で載ってます。

ちなみに僕は、ほんの1ヶ月半前の2016年1/6まで(実際は1/12位まで)まさかdoTERRA社のメンバーとして真剣に活動しようとはまったく思ってはいなかったのです。

2年ほど前から名前は知っており、1年ほど前からそのオイルのグレードが高いという噂は聞いたことが有りましたがね。。。

偉そうな立場ではないですが^^;
何が僕を動かしたのでしょうか?

僕は突然本格的にMLMの現場に復帰することにしました。
約三年ぶりの事です。
ここ1ヶ月半の出来事で急転直下でした。

正直、状況的に、やるとしても
ちょっと6月までは無理かも・・・
という感じだったのですが、
日に日にその日は早まって行ってます・・・(笑)
恐るべきMiyoさんのフォローアップによって^_-

MLMバカにはならないため、基準は高いんですが、将来が不透明なレベルの現場にはもう絶対に戻らない(でも不透明でない会社なんか無いからもう戻ることはない)と強く誓っていた時期もありました。

が、半年くらい前から、また現場復帰もいいかもと考えるようにはなってました。
世の中、個人の契約はほんとグレーな契約が多いなあとも感じていましたしね。
一方、MLMの報酬プランはまともな会社のそれならば、完全ガラス張りの仕組みですからね^_-

でも、
MLM馬鹿になって問題なのは、そのビジネスに永続性が無かった場合のみです。

実際、大抵はそんな機会ばっかりなのが現状です。

後は、最近は、インターネットを使って、片手間に、楽して、組織作ろう!集団も目立ちまます。
いまどき、リストアップですか?アポ取りですか?って・・・^^;

※僕はこういう原始的な作業も、どんな時代になろうが、自分の人脈整理、フォローアップの整理、幅を広げるため、等のために必須作業だと感じてます。

でも、そうやって手間をあまりかせず、何かに(ここではWebシステムに)大きく依存して、作った集団に集まる人々は、どうも魅力に欠けた人間ばかりなのですよ・・・
まあ、当たり前ですがね。

そのやり方では、僕がかつて体験してきた、ほんとうに魅力ある、通常社会に比べて遥かに魅力的な人が集まった集団にはならないんだ。
という姿も確認してきました。
ここ3年間での検証結論です。

一方、
これはいいかも?と最初は感じる主催会社でも、
あんまり経営者が「ビジネスビジネス」して、製品を「マーケティングツールの一つ」としてしか認識してない(要はMLMが手段に過ぎずMLMに「愛」が無い=本質を理解していない)会社(経営者, リーダーも)は要注意です。そういう会社はすぐに会社を売ったり、解散したりします・・・^^;

判断基準の一つとして、創業時から追っていって、しょっちゅう、製品ラインナップが変わっている会社は特に要注意です。^^;
間違いないのです。

氣をつけて下さい。

僕は、
たとえその時点で有望かも?と思えても、どうなるかまだ確信が持てない段階のものに参加する氣はサラサラ無かったのです。
大抵の場合、見事に裏切ってくれるからです。
会社がダメか、製品がダメか、展開がダメか、リーダーがしょぼショボか、・・・

最近はほぼ1時間もチェックすれば、ほぼ98%は正確に判定できてしまいます。
◯か☓(☓とはやる価値無し/薄し)かということに関しては外れたことはここ7〜8年くらいは1度もないのです。

でも今回、そんな過去もどうでも良くなっています^_-
やり方も「理屈」「論理」前面から「人間味」「愛」前面へと移行しようと思ってます。

このビジネスの基本中の基本は、

相手を思いやって、愛情を持って接し、
フォローアップ(この意味は深い)を続け、互いを理解し合う。

※その過程でコミュニケーション力は大きくアップし、人間的魅力も備わっていきます。

そして、本当に素晴らしい、
会社の文化や製品やビジネス特長を分かち合う。

それがなければ、魅力的な集団にならないし、
本当のmlmの威力を享受することは出来ないのです。

それを最高レベルに体験するには
大前提として、会社の文化に「愛」があるのか?製品群がぱっと出の思いつき開発でなく、物語や歴史がきっちりあり、オンリーワンで、ナンバーワンだと言える真似できないレベルの特徴があること。
が唯一の条件だと確信しています。

さて、
でも、決め手になるような絶対的な会社はないなあ〜、とどれを見ても思ってました。

条件:『「今すぐ」「発展的な」ビジネス構築が見込め、「もう二度と再構築する可能性が絶対にない」会社であること。』

で、突然、そんな会社と出会うきっかけが今年の年初に有りました。

ここまで色々「前提」を書いてきましたが、
難しいですよね^^;

男性は特にですが、ビジネスを複雑にしてしまいがちです^^;
※僕もね

でも本物のビジネスを広める(大きく)のって、
もっと「単純」「簡単」なんだと思います。

僕が惹かれたのも、以下の様な簡単なことしかされてないのですよ。

・雑談から
・きっかけが有り、会社名を明かし
・自分の物語を話し
・連絡先交換し
・サンプル渡して別れる
・後日、ちょこっとフォローする

それだけ。
誰でもできるけど、なかなか誰もやらないことを、サラッとされただけです。

まずは、先日メッセ戴いたOG-Miyoさんの投稿

-以下引用-

尊敬する クレイジーな先人たち。

伊藤さん、皆さん こんにちは😊

いつも 素晴らしい投稿、情報発信をありがとうございます✨
はじめまして Miyoです🌸

先月、6日に 京都で伊藤さんに道をお訪した事で、伊藤さんの善意、ボランティアいただきご縁が繋がりました。
昨日の記事は感動的でした(⌒▽⌒)

ドテラは不思議なエネルギーで動いています。
そのエネルギーに従うだけです。
伊藤さんのお話も 正に 引き寄せだった事が後で分かり ドテラの人なんだなーと 感じています🤗

昔 書かれていた 文 意味深いですね✨
スティーブジョブスのこの句、大好きです。
私も長年 デザイン、物作りの現場に携わらせていただき、多くの疑問、ジレンマを持った経験もあります。

ホンモノの時代と言われ早、10数年。
20代で描いた夢は現実のものと成りました。
そしてこれからも 目標を設定して 前進する事を楽しみにしています🌈
ホンモノのクレイジーになりたいですね

日本の世界の制度への 疑問多い今日。
医療、教育、福祉 全てに共通する社会の仕組みは1人1人の意識が変わらなければ 社会は変わりません。

世の中に 蔓延っている仕組み、制度は政治家、社会、身内のせいにしていても 何も変わりません。

他人事では無く まず 自分事。先ずは
「自分が変わることが 進歩の大きな一歩」と信じています。

先日 名古屋でお会いした グループの大沼四廊先生も
ジョブスの言うところのクレイジーな方です(^^)

同じ志、医療改革にもドテラをやる事が手っ取り早いと 受け止めていただきました。
自然療法医でいらっしゃいまして
一年前は ドテラをやる事に抵抗をお持ちでした。

信じる道 また 加速する方々との出会いに 日々感激、感謝しております。
ドテラはこれまでのネットワークの会社とは 異なる美意識、文化を持っています。
これから 益々拡大する貧困社会に自立支援を本気で考えています。
わたしのテーマ、課題へ答えを持つ会社でした。

この事を皆さんにお伝えします。
また これを肌で感じて欲しいと思います✨

そして これらの ドテラの可能性、真の豊かさと出会うときに 深い感謝と満ち足りた気持ちを1人1人が得られる事を知っています。

まだ お会いしたことの無い皆さんとの出会い、
可能性をいつも 感じて日々ワクワクしております。

また ドテラが1人でも 多くの方の人生に豊かな益(えき)となります事を願っております😊🌈

乱文読んでいただき ありがとうございます🌸
皆さまと お会い出来ること 楽しみにしております。

今日も 素敵な1日を💕

-以上-
-以下Myコメント-

Miyoさん、
僕はこの世界では、超スーパースターな人よりも、今まさに現役で現場で純粋に頑張っている人が大好きです。

まあ、でも、なかなかそういう人には出会えないものです。
でもMiyoさんはまさにそんな人でした。

貴船の神様は水の神様ですが、どうも巡り合わせの神様でも有るようなので、導いてくださったのでしょう^_-

doTERRAは今までのネットワークとは違う、とは出会った時からMiyoさんが一貫して言われている句ですが、段々と何となくわかってきた氣はします。

ユタには今すぐ飛びたい気分です^_-

仕事先「伊藤さん、今日何処に居るの!!??」

伊藤「ああ、今ちょっとソルトレイクシティでね(*ノω・*)テヘ」「でもノマドに仕事はしてますよ!さっきトップページ更新しておきましたので、確認して下さ〜い」

って感じで^_-

-以上-

あと
補足です。でも重要だから読んでくださいね。

僕がドテラに参入したきっかけは、
書いてきたように、2016年1/6に奇跡的に京都の貴船神社(参道道中)にて紹介者のOG-Miyoさんにお会いしたことからなんですが、

※添付の暗い道のちょっと先で声かけられました。

※帰り道、バスももう無く最寄り駅に向かって真っ暗な道を降りてきた(貴船神社は貴船口駅まで結構遠い)その途中で、不安そうに道を聞かれ声をかけられました。

詳しく書くと、

こういう出会いでした。

1/6のこと

MLMなどまったく何も意識してない時、

その日は京都の鷹ヶ峯の東急ハーベストを出て、鷹ヶ峯界隈散策して、世界遺産上賀茂神社を経由して、去年から企んでいた、関西では特に有名な鞍馬・貴船の両雄に向かいました。

京都北部の鞍馬山を本堂まで急坂を上っただけでは飽きたらず、そこから3時間ほど写真撮りながら、時間かけて山の中のパワースポットや鞍馬寺奥の院を経由横断して、貴船の地に降り立ち、貴船の本社、中社、奥社を参拝し終わってた時、もう17時半を過ぎていました。

もうバスはなく、後から知った25分〜35以上かかるんだった帰りの坂道を降りて行っていたそんな京都・貴船神社帰り道でした。
http://kifunejinja.jp/access/kifunemap/index.html

kifune_map

kifune_souguu-point

たまたま知りあった方(声をかけられ道を聞かれました)がたまたまドテラさんでした。(会話の中で後で知る)

30代中盤くらいかな?と思われる女性の方でした。
ちょっと不思議な感じの方でした。
お一人で、携帯が圏外だと仰ってました。

貴船神社は夜はバスがもう無いので、神社から貴船口という叡山電車の駅まで約30分ほど夜はかなりの暗い道を歩かないといけませんが、僕は参拝を終え、その時もう25分ほど大分降りてきた地点でした。

暗い道を上まで行きたいというので(三度聞いたがどうしてもと言うので、携帯も圏外だと言われるし、何か訳があるんだろうと、顔がずーと上を向いてるし(笑))、上りであと30分程を女性一人暗い道を行かせるわけには行かず、戻ってお伴することにして、色々話しました。

Webのデザイナーをされているというということでしたが、帰り道の話の中で、最近はアロマのビジネスをしてるというので、ピンときて、「口コミのビジネスの方ですか?」と聞いたらドテラさんでした。
「ああ〜知ってますよ」と答えてました。

その後は、ずーと、自分の歴史とドテラでの歩みを京都駅まで話されてました。(笑)

ちょっと奇跡的な展開だったので、印象的でした。
別れた京都駅でサンプルだけもらい、後日再会しました。

onguard-candy wild-orange

その製品を試すと、「なんじゃこれは!(品質高けえ〜↗)」と結構衝撃が走ったのがキッカケです。

※ちなみに、僕はパーソナルケアやサプリ系へのこだわりは強く、過去17年に渡って、かなり通常より高品質な製品をずーと使ってきたのに!です。でも一発で違いが解ってしまったのです(@@)

理屈もきちんと見て判定できてますが、
僕にとって、今回はこの種の理屈はどうでもいいのですよ。

この、
京都駅でMiyoさんからもらったオレンジ精油とキャンディー(抗菌系ブレンドオイルベース)の品質と深みに
瞬間に感動してしまっただけです。

そうじゃなきゃ、ビジネスには見向きもしなかったでしょう。

そして、その時はまだ詳細よく解ってなかったけど、
彼女の尋常じゃない「熱意」と

その後分ったことだけど、
彼女のこのビジネスにかける「愛」を感じたこと。

で、ほぼその時登録することは決めてましたが
※力ある本場の総合サプリメント探してたのも有ったしね。
※その後手に入れたドテラの総合栄養素サプリLLV(ライフロングバイタリティ)も相当にレベルが高いマルチ栄養素サプリでした。ドテラらしいエッセンシャルオイルブレンドも含まれてます。

僕(こう見えても優雅なペガサス)と、Miyoさん(ああ見えてもパワフルな虎)は、
タイプは全然違いますが、凄く信用できる人(人間性が純粋で綺麗)だと感じたし、組めば、まさに迷える世に光を与える事ができるとも感じました。
何となくね。

詳細は言いませんが、
後日知ったことですが、
彼女自身のドテラビジネスも後発ながらかなり上手く行っていて(ダイヤ一つ手前のプラチナ)、でも今まさに上昇的に活躍中だってこと。もポイントとなりました。

しょぼしょぼアップラインさんより、
出来上がってるスーパーリーダーさんより、
それのほうが刺激的だし、益も大きいでしょう?^_-

さらに、
あとはあくまで補完的なことだけど、

彼女の双子のお姉さんOG Riyoさん(ブルーダイヤ)が、
ドテラジャパンのメンバー側のパイオニア(ファースト・ファウンダー)の2人のうちの1人だったってこと、
※【必見】別ノート投稿参照のこと

つまり、
王道中の王道ラインだってこと。

Miyo_and_Riyo

miyo_20150608-01

日本も米国も経営者も直接つながっていて、経営陣が凄く近いこと、

グループ内に、尋常じゃないレベルで超盛り上がっている米国成功者の直伝ノウハウが浸透していること、

※最近日本のネットワーカーが忘れ去ってしまっている、泥臭くも、超基本的なことを徹底して推奨しているだけなんですけどね^_-

※そのプログラム今ボク自身受講しています。

何よりドテラが創業わずか8年(2007設立)で、米国市場だけで「単年」の世界年商1000億円(1ドル=$100計算、「累積でない」ですよ)を超え、雇用している従業員も2000名を越えており、全米Top5の実績に入ってしまう規模に今まさに爆発的拡大をしていること。

※前所属ユサナ社はNY証券取引所(NYSE)上場済みの、経営的には、製造メーカーとしてはかなりの一流会社ですが、今現在まずまず順調、毎年微増ながらも、単年の世界売り上げは800億円位($790 million)です。1995年設立、従業員数1,533名、市場:19での数字です。

ドテラは、日本も去年辺りからまさに数字の伸びが凄まじくなりつつあること。
※日本も年間80億弱くらいまで来ているようだ・・・(汗)

※前所属日本ユサナ社はぶっちゃけ毎年10億円前後だった^^;

※とにかく!普通のベンチャー会社の「来てる」とか「伸びてる」とかとは桁が違います(@@)
↓ ↓
https://youtu.be/RrAk_6ufJq8

※フェスティバル出席記事も参照のこと
ジャパンコンベンション報告も参照のこと

この本社紹介ビデオ見たこと
感がいい人はこれだけでも一発で解るはずです^_-
↓ ↓
https://youtu.be/h9Ltt5-R0u4

僕が、この8年目で作った本社がいかにスゴイかは?
過去にこれまた素晴らしいユサナ社(1992年設立)本社に訪問した経験で判断できるのですよ。

あとは過去19年間で、結構レベル高い製品食べてきた中での、今回の、過去、業界内でも、なかなか体験したこと無いレベルのスゴイ製品体感も、このビジネスの信頼性を短期間で大きく上げる原因となっています。

取り敢えず、ここ1ヶ月のヒストリーは
以上です。

新しいヒストリーは日々溜まっていってます。
それはまた。

心に響く夢叶える成功語録 愛情編01
┃–心に響く夢叶える成功語録– 愛情編01
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

┃ 理屈じゃない時がある

┃ 人を本当に動かすのは、
┃ 人が本当に動くのは

┃ 「論理」ではなく「愛」だよ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

┃–心に響く夢叶える成功語録– No000(スペシャル版)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

┃ クレージーな人たちへ。

┃ クレージーな人たちがいる。
┃ 反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。
┃ 四角い穴に、丸い杭を打ち込むように
┃ 物事をまるで違う目で見る人たち。

┃ 彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。

┃ 彼らの言葉に心をうたれる人がいる。
┃ 反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。
┃ しかし、彼らを無視することは誰もできない。

┃ なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。
┃ 彼らは発明した。創造した。
┃ 人の心をいやし、奮い立たせた。
┃ 彼らは人間を前進させた。彼らは人と違った発想をする。

┃ そうでなければ、何もないキャンパスの上に芸術作品
┃ は見えてくるだろうか?
┃ 静寂の中に、今までにはない音楽が
┃ 聞こえてくるだろうか?

┃ 私たちは、そんな人たちのための道具を作る。
┃ クレージーと言われる人たちを、私たちは天才と思う。
┃ 自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、
┃ 本当に世界を変えているのだから。

┃ Think different.

┃ 1998年アップルコンピューター新聞広告より
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

┃–心に響く夢叶える成功語録– 氣付き編
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━… ┃
┃ 何かを
┃ 成し遂げる前は
┃ 全てのプライドは
┃ 一旦「完全」に
┃ 捨てて、
┃ ※簡単じゃないけど「完全」にね

┃ 今の自分では
┃ 何もできないんだ
┃ と一旦
┃ 認める事だ。

┃ そして、
┃ 心をピュアにして
┃ 何とか
┃ 必死に
┃ 「全霊込め」て
┃ 進んでみる。
┃ ※「全霊込め」ないと意味無し

┃ すると、
┃ きっと
┃ まったく新しい風が
┃ 吹き始めるよ。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。