2016
04.03

【アロマタッチテクニック】とは?

アロマタッチ, 重要な要素

次回、6/2横浜です。

チケット入手は超人気、人数限定のため抽選ですが・・・

以下、アロマタッチテクニックの項目独立(一部加筆)しますね。

3/11、
福岡空港に2時間ほどで着き、そのまま、直行で福岡ドームの隣の福岡ヒルトンの会場で10時からのドクターヒルの「アロマタッチトレーニング」に参加

aromatouch06 aromatouch11

参加費5mlのミニサイズオイル8本セット付きで二万円なり。
施術ベットも購入すると2万8000円なりでした。

※入場時、IPC価格¥15,000(一般価格:¥22,500)のアロマタッチキットのボックスがもらえます。

aromatouch10

三人一組で必ず一回、約40分の特別な施術を受け、自分でもだれかに施術を行う内容になってます。

自分が関係ない時は施術のお手伝いをしながら、施術を学ぶというトレーニングでした。

これ、ドテラ界の大人気のドクターヒルの特別なトレーニングで、かつ、今回は福岡でしか開催されないとのこと(参加者は180名限定だったかな)で、プラチナチケットと化していたとか。

これをMiyoさんの尽力で手に入れてもらい参加したんですが、

会場に着くと、
このセミナーは会場に施術用のベットがたくさん置いてある会場で
男性は何と8名だけでした(@@)
172対8、、、、初体験ですね。

aromatouch12

aromatouch13

この手術は皆さん着替えて、背中を開けて施術を受けるので、女性が大勢の中で、あんまり意味が無いじゃんという敷居しか無く、なかなか微妙な感じでしたが、会場は薄暗かったですがね。

当日の様子がこのFBページの投稿で確認できます。
https://www.facebook.com/AromatouchTechnique/posts/1002529336502746

なんでこのアロマタッチを受けたのかというと、
やっぱり真剣にドテラビジネスを志すにあたって、
「ドテラビジネスの基本」だと聞いてたので、受けたんですが、今後もこの施術を自分がやっていけるかはまだまだ不明です。

でも、
まだまだ???な中でも
すごく有意義なものでは有りました。

aromatouch01

aromatouch02

aromatouch03

aromatouch04

aromatouch05

この施術は
特別なプロでなくても、だれでも効果的な施術が比較的簡単にできるように開発されたという施術方法なんだそうです。

なぜ、アロマタッチを行う6つの理由というものが最初に示されてました。

①オイルを使ったテクニックである
②臨床的に利用可
③容易に他の人に広められる
④有害な反応を起こすこと無く(今まで一度もないそう)効果を表せる
⑤ホメオスタシスを確立すること
⑥個人的な良い体験を与える施術である

そうです。

そして
このトレーニングの目的は

①正しいやり方を学ぶ
②人として何をすべきかを学ぶ(人を助けたい精神を学ぶ)

で、
以下の様なメリットが有るとされているそうです。

①施術者と受け手、両者のお互いの経験を創る
②いつでも利用できる
③特別なスキルが不要で、簡単な手法であること
④年齢に関わらず受けられる
⑤ふれあいが重要であることを知る、感じる
⑥施術は人への奉仕であることを知る、感じる

だそうです。

施術の目的は
①オイルの活性を高め
〜血流と神経系細胞を
②経絡やエネルギーゾーンを刺激する
〜内臓のコンタクトポイントと経絡を利用する
③ホメオスタシスを強化する
〜不動ではなく、変化の中で、ある一定の安定した状態を保つこと
〜交感神経と副交感神経に働きかける

そうです。

この施術では、
それぞれのステップで以下の様な目的があるそうです。

あくまで指でライトラッチ
謙虚な気持ちで施術を行うように指導がありました。

aromatouch09

使うオイルと目的(ぶっちゃけ)は以下のとおり
※日本では薬事に触れる表現です。

◯ステップ1:ストレス対策
1. アースリズム(米名:バランス:落ち着きのブレンドオイル)
※スプルース、ホーウッド、フランキンセンス、 ブルータンジー、ジャーマンカモミール配合
2. ラベンダー

◯ステップ2:免疫強化
3. ティーツリー(英名:メラルーカ)
4. オンガード(プロテクティブブレンドオイル)
※ワイルドオレンジ、クローブ、シナモン、ユーカリ プタス、ローズマリー配合

◯ステップ3:炎症反応対策
5. アロマタッチ(癒やしのブレンドオイル)
※バジル、グレープフルーツ、サイプレス、マジョラム、ペパーミント、ラベンダー配合
6. ディープブルー(鎮痛ブレンド)
※ウィンターグリーン、ショウノウ、ペパーミント、ブルータンジー、ジャーマンカモミール、ヘリクリサム、キンモクセイ配合

◯ステップ4:ホメオスタシスの正常化
※恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシス(英語:Homeostasis、ギリシア語:ΟΜΟΙΟΣΤΑΣΙΣ)とは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のこと。
※もう少々くだけて言うと、環境の変化に反応して体をはたらかせて、健康な状態を維持し、生命を維持しようというのがホメオスタシスだそうです。
7. doTERRAオレンジ(英名:ワイルドオレンジ)
8. ペパーミント

を使うんですが、
なぜこれらのオイルを使い、何のためのステップなのか?
がよく解りました。

aromatouch07

aromatouch08

あとアロマタッチにはより簡単にリラックスを体感してもらえる
「ハンドテクニック」というものも有るそうなんですが
ここでは

一部ダブりますが、

・アースリズム(英名:バランス):落ち着きのブレンドオイル

・イージーエア(英名:ブリース):呼吸器ブレンド
※ローレルリーフ、ペパーミント、ユーカリプ タス、メラルーカ、レモン、ラベンサラ、カル ダモン配合

・サンリズム(英名:シトラスブリス):インビゴレイティングブレンド
※ワイルドオレンジ、レモン、グレープフルーツ、マンダリ ン、ベルガモット、タンジェリン、クレメンタイン、少量のバニラ配合

・ゼンジェスト(英名:ダイジェストゼン):消火器ブレンド
※ジンジャー、ペパーミント、タラゴン、フェンネル、 キャラウェイ、コリアンダー、スターアニス配合

・ウィンドリズム(英名:エレベーション):ハッピーブレンド
※ラバンディン、ラベンダー、タンジェリン、エレミ、レ モンマートル、イランイラン、オスマンタス、ハワイ アンサンダルウッド配合

・インチューン:集中ブレンド
※アミリス、パチョリ、フランキンセンス、ライ ム、イランイラン、ハワイアンサンダルウッド、 ローマンカモミール配合

・オンガード:プロテクティブブレンド

・ウェーブリズム(英名:セレニティ):安らぎのブレンド
※ラベンダー、マジョラム、ローマンカモミール、イ ランイラン、ハワイアンサンダルウッド、バニラ ビーンズ配合

を使うようです。

これらのオイルも基本オイルといえますので注目ですね。

皆さんもドテラオイルを使う際は、これらのオイルをまず使ってみるといいようですね

※その他アロマタッチ関連情報は、以下サイトで
◯参考
●アロマタッチとはどういう施術か?の動画が見れます。
https://www.aromatouch.com/#/aromaTouchTechnique/ATTStepByStep

●ハンドテクニックとはどういうものかも
https://www.aromatouch.com/#/handTechnique/HTStepByStep

●AromatouchTechnique FacebookPage
https://www.facebook.com/AromatouchTechnique/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。