2016
06.09

【ドテライベント】その2:ドテラ・ジャパンコンベンション2016詳報

イベント, 我がチーム

【ドテライベント】

先日の6/3ー4、
パシフィコ横浜で行われたドテラジャパン(正式名:doTERRA CPTG Essential Oils Japan 合同会社)の日本コンベンションに行ってきました。

ドテラ社はオイルの100%ピュアな純度も有効成分の含有の確かさも完全に保証する(CPTG基準と呼んでます)、稀に見る、見どころ高い深い、社会貢献度の高いエッセンシャルオイル製品群を流通している会社です。

ネットワークマーケティング会社の大きなコンベンション体験は5年ぶりくらいか?久々でした。

僕がドテラに出会ったのは、
今年の正月明けの1/6のこと、何もビジネスのことは考えてない時でした。

全くの私用で、京都の鷹ヶ峯から、上賀茂神社経由で、鞍馬寺、鞍馬山、貴船神社へ向かった日でした。

鞍馬から貴船にハイキングで写真撮りながら3時間ほど下り、さらに約1時間、貴船の本宮、中宮、奥宮を全部参拝し終わって、暗くなって、結構な長距離、かなり真っ暗な道を、最寄り駅(叡山鉄道・貴船口駅)近くまで降りてきた所、ある女性から声をかけられ、道を聞かれたことがきかっけとなりました。

彼女がどうしても暗い道を登って貴船・本宮まで行きたいというので、声かけられた女性を1人で行かせることも出来ず・・・お供することになりました。

道中、彼女が結構なドテラジャパンのリーダー格の方だということが判明したのです。

僕はここ1年位、個人的にまったく今までにない感覚の、画期的な効き目の確かな(体感できる)健康系の商品を探してもいました。

ネットワークマーケティングの機会の現場で活躍することの利点をその半年前ほどから振り返り始めていた時でもありました。

ただ、エッセンシャルオイルのドテラ社と聞いた時、当初、彼女と岐れた京都駅までの道中で、あまり興味は湧きませんでした。

しかしながら、僕の過去19年のアンテナ磨いてきた経験と、結構な素直さが功を奏します。

世の中にはこういう人多くないですか?
・試しもしないので、自分の頭の中のイメージだけで両断する人・・・
・サンプルや資料を渡されても、いつまでも使わない、開けない人・・・
・自分の哲学に固執しすぎる人、脇の硬すぎる人^^;

確実に人生で損をしますよね〜

「本物」は貴方の予定に関係なくある日突然現れますからね。
日頃のアンテナの感度が重要だとつくづく思ってきたし、ほんと今回実感しましたよ。

別れ際、京都駅で戴いたサンプルのうち、2品(オレンジオイル、オンガードキャンディー)をすぐ使った所、
その素晴らしい、今まで味わったことのない、一瞬で「超」がつく本物だと解らせてくれるほどの香りと品質に一瞬に魅了されてしまったからでした。
※初めての理屈後付となりました。

セラピー等級の100%ピュアなエッセンシャルオイル系の製品群で、
100%ピュアなオイルであることだけでなく、含まれる有効成分の確かな量や種類まで含有している事を会社が保証している唯一無比の商品を持っていました。
これらを実現する独自のセラピー等級基準をドテラ社では「CPTG」と呼んでいます。

出会ったのが神聖な貴船神社だったし、

1997年に、最初に口コミ(ネットワークマーケティング)の世界に初めて関わって以来、
話には聞いたことは有ったけど、こんなこと(あまりの感動に、使っただけで一生手放せなくなり、いつの間にか近しい人から周りに話してしまい、ほぼ全員がノックアウトされる)が本当に自分のもとで起こるとは!!

と、色々運命的なものを感じたのです。

という経緯もあり、今回の参加となりました。

秋には久々に米国ユタ州のグローバルコンベンションにも足を運ぼうと計画しています。

さて、
当日は、和光市から横浜・みなとみらいまで、毎日往復するのも面倒だったので、前夜入りして、

J-Conv2-01

今話題のAirbnb経由で3泊「民泊」して、昼も夜も、横浜の街(中華街、山下町、野毛)を久々に満喫もしてきました。

J-Conv2-02 J-Conv2-03 J-Conv2-04 J-Conv2-05

大きな催しともなると、会社も動員に関してプレッシャーを感じるものでしょうが、大きな会場(横浜みなとみらい・パシフィコ横浜展示ホールA&B)に約2600人以上の人間が集まっていたようです。
多めに用意された会場最後尾付近の椅子までかなり埋まっているほど盛況でしたよ^^

内容も雰囲気も素晴らしかったです。
本当に。

J-Conv2-06 J-Conv2-07 J-Conv2-08 J-Conv2-09

特に、会社の経営陣も、集まっている「人」の質も品も愛情も素晴らしいと感じたのは何よりでした。

95%が、誤認識や不理解、不勉強から生まれるものに違いないのですが、
何かと悪く言われるこの業界において、普通の人たちが見ても違和感を感じることのない品がある集団であるということは、この世界では一番大事なことだと思うのです。

そういう視点から見ても、僕が97年以来見てきた複数の会社や組織の中でもNo1のものを持っている集団だと僕には感じれてます。

先駆者たちは、経営陣のメッセージに愛があった!今までで一番かもしれない内容だった!と感動をされていましたね。
そういう思いが出来ることは素晴らしい!本当に良かったですね!と感じました。

感動を共有する(分かち合う、shareする)この世界においても、
なかなかそこまで感じることは稀なことだからです。

ドテラの歴史が浅い自分には、比較対象がなかったんですが、
今回は僕は素晴らしい雰囲気を味わえただけで、十分でした。

ドテラ社のコンベンションは、
『ごくごく普通の人間が顔を出しても、自然と入れ、その内容の素晴らしさも十分に感じれるイベント』
のようでした。

それが、多くの会社の中で、「ドテラ機会」だけが持っている大きな特徴でしょうね。

初日夜に開催された特別な「ガラパーティー」にも出席してきました。

オイルベースのフルコースの料理も最高でしたが、ダイヤモンド以上のリーダー表彰は、一般会場では行われず、ここで行われました。

その様子が一体感抜群で、あまりに素晴らしくって、一番感動しましたね。

J-Conv2-10

J-Conv2-11

コンベンションというと、一般人は、
なんだかよくわからない表彰に長々付き合わされるのが常なんですが・・・・
ドテラはそれが無い所も、素晴らしい気配り心配りだと感じました。

Newシルバー、Newゴールド、Newプラチナの表彰だけは、2日目の一般のプログラムの中で、時間をそんなにかけずに、でも、素晴らしい雰囲気で、少しだけ盛り込まれている感じでした。

経営陣たちと、リーダー始め、メンバー達との関係がまるで友人のようなのも特徴ですね。

ごく近しいアップラインの皆さんは経営陣のドクターヒルとも家族のようにパーソナルレベルで親しいようですし、今回来日したエミリー・ライトさんとも相当に親しい様子です。

彼女たちはドテラジャパンだけでなくドテラインターナショナルの創業期からのドテラのダイナミックな変化を知っているだけに、思い入れは相当の様子でした。

J-Conv2-16 J-Conv2-17

J-Conv2-15

J-Conv2-18

経営陣の一般メンバーたちへの接し方も変わりありません。

コンベンション前日、チケットを渡しにアロマタッチトレーニングの会場に出向いたんですが、そこで、何とドテラジャパンの荒巻社長に声をかけられました〜
彼は日本語があまりできないのですが、「やあ!元気〜」的な(笑)

「あら!顔覚えられてる〜!」って感じで嬉しいものですね。

添付は
私が直接撮影したコンベンション前後三日間の写真たちです。

コンベンションのプログラムの大半は撮影禁止となっておりましたので、その中身に関する写真は殆どございません。
ご了承下さい。

J-Conv1-01

J-Conv1-02

J-Conv1-03

J-Conv1-04

皆様の「ええ時」が「永遠の時」でありますように
by Eitokiでした。

 

●貴布禰総本宮 貴船神社 | 境内のご案内
http://j.mp/kifunemap_official

 

※下記リンクはごくごく個人的なメモ書きのようなリンクです。
◯参考:記念:1月6日の出来事(たまたまマメに投稿されています)

●東急ハーヴェスト・京都・鷹ヶ峯にて
http://j.mp/fb_post-931052440296908

●吉野太夫の伝説が残る鷹峯常照寺にて
http://j.mp/fb_post-931402960261856

●ブラタモリにも登場した創業200以上(文化2年創業)の老舗醤油屋さん
http://j.mp/fb_post-931402960261856

●出町柳から叡山電車鞍馬線直通で鞍馬&貴船に向かいます
http://j.mp/fb_post-931449893590496

●鞍馬に初めてやって来たけど、序盤の由岐神社からものすごく深い雰囲氣いっぱいの地だなあ(@_@)
http://j.mp/fb_post-931463113589174

●鞍馬寺を本堂まで登ってきましました
http://j.mp/fb_post-931473753588110

●鞍馬山の奥の院に入り、木の根道という名物ルートを通過中
http://j.mp/fb_post-931479623587523

●遠回りしたら、木の根道に続いて、すごく神々しいパワースポット「鞍馬山 大杉権現社」に到着した。しばし氣を休める。
http://j.mp/fb_post-931480286920790

●鞍馬山の奥の院に到達しました。氣の連鎖がスゴい・・・
http://j.mp/fb_post-931484540253698

●ようやく貴船まで降りてきましました.
http://j.mp/fb_post-931488363586649

●貴船神社までやって来ました。 貴船って「氣生根」とも書くんだね。
http://j.mp/fb_posts-931491910252961

●貴船は本社と奥宮の間に中宮結社(ゆいのやしろ)はあります
http://j.mp/fb_post-931493983586087

●貴船も奥宮までやって来ましました
http://j.mp/fb_post-931498710252281

◯番外編
●人生とはほんと解らないもんですよね^_-
http://j.mp/fb_post-939288172806668

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。