2016
08.30

【前提】ネットワークマーケティングの組織に求められる人、求められない人…それは貴方が判定することではありません。周りに判定されていくのです〜

マインドセット

【マインドセット】
【基本姿勢】【伝わる確率】
〜ネットワークマーケティングの組織に求められる人、求められない人〜
〜それは貴方が判定することではありません。周りに判定されていくのです〜

以下は
『トップを取ろうぜ!』というマインドセットを前提とした上で話している内容です。

その気のない人は読んで勘違いしないようにしてくださいm(_ _;)m

その1:
◉望まれる「基本姿勢」と「伝染」の影響度を最初に認識する

基本的ビジネスマインド

ビジネスにおける持つべき基本マインド:求められる人、求められない人

「姿勢」を間違えると、絶対にこのビジネスは成功へ向かえません。
成功への「扉」の前にすら立てないと思われます。

以下のような事項は、僕らの世代にとっては当たり前過ぎることなんですが、どうも現代人は何度も何度も言い聞かせておかないと、勘違いしている人があまりに多いようなので、ここに書いています。

いいですか?
教えを請う相手に対して、対等意識など、最初から成り立ちません。
それを求めるなら、貴方も相手にそれなりに提供できるものを身につけてから言うべきでしょうね。。。

やるべきことをやってないのに、十分に満たしてないのに、身の丈を超えた大きなことは堂々という^^;
まあ、まったく強気なことを口にしないよりはマシだと僕は思いますが・・・・

下記リンク先で井村コーチも言われてますが、、、、^^;
これは現代日本人の特徴らしいですが(プライドが高いだけのダサダサ人種です)
言うのは自由ですが、最初はそんな権利はないんです。まったくね^^;
生意気はホント駄目ですよ。。。。

それまでは特に、それ以降も同様ですが、
例えイラッと来ることが有っても、それを相手に出さず、全てに感謝する心を持ちましょう。
人から人へ次々伝染するネットワークマーケティングの世界では、特になんですが、悪い氣を発すると、一番困るのは貴方であり、周りはその影響度をよく知っていますので、皆が避けてきます・・・・・

完ぺきは無理でも、段々と出来るようにしましょう。

このビジネスは「分かち合い」ビジネスであり、「伝染」するビジネスです。
いい情報も、悪い情報も「足し算」でなく『掛け算』で広まります。
しかも「マルチレベル」に「無段階」に情報が伝わっていく可能性があります。

貴方が悪い氣を放っていると、周りに確実に大きく影響します。
通常以上に氣をつけたいですね。

もちろん「いい氣」も同様に、今度は、あなたを、想像以上のスピードで、想像以上に素晴らしい方向に導いてくれます。

あなたの素を出すんでなく『意識的にそう演じていく必要性』さえあります。
周りを苛々させない貴方で居るように心がけましょう。

上下関係、封建制度ではないんですが、
少なくとも、最初は100%、貴方は「学ばせていただき感謝致します」という立場なのです。

そんなの今は流行んないとか?変な、間違った欧米主義、平等主義に感化されて、勘違いしている人がよく言ってますが、「はい解りました。取り組ませていただきます」という姿勢が最初は特に大事でしょう。

さもなければ、誰にも可愛がられない、深く関わってもらえない貴方になっていっちゃいますよ・・・

自分の立場を素直にわきまえられない人は、伸びません。
貴方の過去や年齢は関係ないです。

でも、それはどんな世界、どんな社会でも同様でしょう。

シンクロコーチの世界的権威・井村コーチ

シンクロコーチの世界的権威・井村コーチ。現代日本人(特に若い世代)の弱点を非常に的確に指摘しています。

先日、シンクロコーチの世界的な権威的存在の井村先生がこんな事を言ってましたが、適切な教育や指導を受けれてないため、現代日本人は履き違えている、勘違いしている人ばかりだと・・・
現代日本人(特に若い世代)の弱点を非常に的確に指摘していると感じました。
↓ ↓

“大切なのは心の教育”
「シンクロの母」井村雅代コーチスペシャルインタビュー
⇒ http://physiqueonline.jp/specialist/trainer/page153.html

成功している人ほど、成功を強く願望している人ほど、新しいパートナーづくりには困りません。
別に貴方でなくってもいいんだよ?解ってる??
ということなのです。

いつか「もう明日から二度と来なくてイイよ」と言われちゃうますよ。

その時にあっさり「はいそうですか、わかりました」
と応えるような執着心が薄っぺらい状態では、元々成功する要素すら無かったという事かもしれませんね。

そういう方は、成功したい!とか、人と違う道を切り開きたい!とか考えないで、大人しく雇われていてくださいm(_ _)m

でも縁があって、貴方は相手の方に会わせていただいているのです。
そこをどう捉えるか?(特に何か有った時や、トラブル時)
基本姿勢によって、進む道は、想像以上に大きく変わります。

曲がってしまった道は簡単に引き返せません、取り戻せませんよ。。。。
警告です。

以下参考まで

これらは元々は、
かつて結構盛り上がっていたグループで挙げられていた標語です。

-以下引用-

このビジネスは、世間一般の”仕事”はもちろん、かなり普通の”ビジネス”ともやり方が違います。

自分だけが凄くても、燃えてても、大きな成功を収めることができないと言う点と、伝え方がポイントだと言われますね。

それに加え「※伝わる確率」を上げる必要があると言う点が大事です。

※どんなに、こだわりが強くても、自信のある人も、知ってると言う人も、一度自分の固定概念をオールクリアして耳を傾ける姿勢が絶対的に重要です。絶対的にです!

貴方の一つの迂闊(ウカツ)な決断が、一生涯の大損をもたらしていることは、凄く多いのですよ。

特に今のドテラにはそれが強く言えます。
凄まじく魅力的で最高に強力な手段となるネットワークマーケティングの世界において、圧倒的にNo1に(世界において)現在進行形、未来進行形で光り輝いている、光り輝き続けていくことが予想できる会社であり集団なのですから。

●このビジネスに参加して欲しい人、どんどん進化する人

  • 頭と体を動かすのを惜しまない人
  • 人・物に対して愛情のもてる人
  • 話し合い(前向きなコニュニケーション)の出来る人
  • アドバイスや叱咤を愛情だと受け止められる人、謙虚な人
  • 転職や今よりも収入アップを望んでいる人
  • 満足できる結果を得るまで最低3年は粘れると誓える人
    ※最近の人はすぐ一丁前に結果を欲しがり、順調でないときに粘りが無いですね。結果を欲しがる姿勢は悪くはないですが、その前に自分が周りの人間に何かを提供できるベースとなるものをきちんと身につけてきているか?を先にチェックしましょう!与えるものがあるから初めて与えられるのですよ。
  • 全ては自発的にやっていき、自責意識、自分から学ぶ意識を持てる人、あくまで周りは自分の有り難いサポーターだと認識できる人(全てに感謝できる人)
  • 夢を持ちたい人(壁を取り払った、理想的なライフスタイルを実現したい人など)
  • 自分発のもっとも有効的で継続的なビジネスを成功させたい人、ネットワークマーケティングの価値を理解している人、理解しようとする人
  • 常に何事にも前向きになりたい人、時代の変化に敏感な人

●このビジネスに参加できない人、できなくなる人

  • 頭も体も使わない人、頭が固すぎる人
  • 人任せにする人、自分にとって都合が悪い事象に対し、自分以外の他のもののせいにする人
  • 誰かが自分のためにやってくれる、それは当たり前だと勘違いしている人、受けの姿勢の人、自分から学ぶ意識が薄い人
  • アドバイスや叱咤を自分への否定や嫌がらせだと受け止める人
  • 金儲けだけを目的にする人、適切な努力なしに即結果を求める人(結論を急すぎる人)
  • 人の心がわからない人(わかろうとしない人)、自分!自分!が強すぎる人
  • 価値があまりない自分発のビジネスに失敗して(単に選択眼がなかっただけ)あきらめている人、時代の変化に疎い人
  • 物事に対して反省のない人

-以上-

その2:
◉伝わる確率〜確率を上げることの大事さ〜

「伝わる」確率

「伝わる」の現実と、伝わる確率を上げると・・・驚きの大きな差が!!

■「伝わる」の現実

「メラビアン」の法則によれば、表現力豊かなボディランゲージがもっとも伝わる確率が高いとされています。つまり、事実にもとづいたパフォーマンスが重要になるのです。

1. ボディランゲージ = 55%、
2. 声のトーン(調子) = 38%、
3. 話の内容(理由) = 7%

■NBは確率のビジネスです。

下記例を御覧下さい。プレゼンテーションが如何に大切か分かります。そして、そこで何%の確率のプレゼンテーションを出来るかで、大きく変わってしまう事もお分かり頂けるでしょう。

ここで言う、「30%のプレゼン」とは、10人がセミナーに参加してプレゼンテーションを聞き、そのうち30%が登録をする、という確率です。

例:

1. Aさんのプレゼン。彼は30%のプレゼンをする。

➢ 最初10人のグループが居て、セミナーに一人ずつ連れてきた。つまり新しく10人が聴きに来た

➢  その日、3人が登録。(30%の確率)その日、グループは13人になった。

➢ 翌月13人は、また一人ずつ連れてきた。つまり新しく13人が聞きに来た。その日、4人が登録。

 (30%の確率)その日、グループは17人になった。

➢ こうして、毎月一人ずつ連れてきて、30%の確率で登録を増やしていったら、2年後は、5,430人になった。


2.
Bさんのプレゼン。彼は、50%のプレゼンをする。

➢  2年後、このグループは、同様にして17万人になった。


3.
Cさんのプレゼン。彼は10%のプレゼンをする。

➢  2年後、このグループは、同様にして98人になった。

想像以上に巨大な差が生まれます・・・(@@)

今すぐ「貴方」の色んな要素、特に「基本姿勢」と「伝わる確率」を変えることです。

ネットワークマーケティングは『掛け算』で影響していきますからね!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。