2017
05.14
神社めぐりが、成功を加速する! ネット時代だからこそ解明された古来の成功メカニズム

【話題】成功している人は、なぜ神社に行くのか? 〜その思わぬ効用のメカニズムを解明する〜

トレンド

僕も今、神社仏閣に、ある目的でかなり頻繁に出かけてますが、
こんな本が今流行ってるんですね〜

●成功している人は、なぜ神社に行くのか? 単行本 – 2016/7/11
八木龍平 (著)
http://amzn.to/2rbVm45

著者のレポートを読みました。
こんな関連ページが紹介されてました。

●リュウ博士の自分で考えるスピリチュアル
http://ameblo.jp/shoutokureiki/

神社に行くと、コミットメント力を高まるし、
愛する力が高まり→貢献力が高まり、結果、パフォーマンス力まで高まる。ということが語られてます。

かの有名な実践マーケッター神田昌典さんの月刊オーディオセミナー(2017.5から実学M.B.Aへとバージョンアップ)でも取り上げられていて、興味深く聞き&読み(添付2枚目は書き起こしテキストの表紙)ました。

-以下引用-

八木博士は、富士通研究所のシニアリサーチャー、北陸先端科学技術大学院大学・客員准教授という経歴を持ち、知識科学分野にて博士号を取得しているバリバリの研究者だ。

その彼が、あるとき突然はじまったスピリチュアル体験によって、研究者としてのロジカルな解釈と合わせ、神社の謎を解明しはじめた。

これからのビジネスには、コミュニティの力を生かす必要があるが、そのビジネスの力が、今度は神の領域にまで影響を与えはじめることがよくわかる、あまりにも面白いインタビュー。

内容の一部をあげると……
●神社は地域住民の愛着を育み。「貢献心」を促す装置である
●意識の「集合体」をつくれば、あなたと誰かの願いも叶う
●組織を潤わせるには経営者も「スキマ」をつくり参拝すべし

(プロフィール)
1975年京都府生まれ。
同志社大学経済学部卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。
NTTコムウェアに出向しシステムエンジニアとして働く。

のちに大学にて教鞭を取るという目標のために、北陸先端科学技術大学院大学に進学。Doctor of Philosophy(Ph.D.)を取得。

2006年11月、博士論文の執筆を行っていた深夜、寮の自室に仏様の映像が現われ、メッセージを聞く神秘体験をする。

以来、霊的な能力が開花する。
大学院卒業後は、富士通研究所にてシニアリサーチャー、北陸先端科学技術大学院大学・客員准教授を歴任。
青山学院大学でインターネットマーケティングの教鞭も取る。

ブログでは「リュウ博士」として見えない世界について、心理学・統計学の視点を合わせた解説が好評。
2016年『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』(サンマーク出版)を上梓、25万部を超えるベストセラーになる。

-以上-

 

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

神社めぐりが、成功を加速する! ネット時代だからこそ解明された古来の成功メカニズム

神社めぐりが、成功を加速する!
ネット時代だからこそ解明された古来の成功メカニズム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。